メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会 佐野日大が圧勝 宇都宮短大付も2回戦へ /栃木

【足利南-栃木翔南】五回裏栃木翔南1死三塁、福田が犠飛を放つ=宇都宮市清原工業団地の清原球場で

[PR]

 第72回秋季県高校野球大会(県高校野球連盟主催、毎日新聞宇都宮支局など後援)は10日、宇都宮市の清原球場など2球場で1回戦4試合があり、昨年優勝の佐野日大と夏8強の宇都宮短大付がそれぞれコールドで勝利した。13日から2回戦が行われる予定。【李舜、吉田貴】

     <県営球場>

     ▽1回戦

    宇都宮短大付 036022=13

    矢板     000020=2

     (六回コールド)

     (宇)中村、福田稔、中村―滝沢

     (矢)田辺―磯

    ▽三塁打 福田航(宇)

    ▽二塁打 中村(宇)磯(矢)

    大田原 0001250=8

    烏山  0000000=0

     (七回コールド)

     (大)平山諒、深沢―益子

     (烏)北條、助川―長山

    ▽三塁打 君島(大)

    ▽二塁打 根本(烏)

     <清原球場>

     ▽1回戦

    高根沢  00020=2

    佐野日大 6142×=13

     (五回コールド)

     (高)伊藤―菊池

     (佐)小野崎、望月、中山―古内

    ▽三塁打 伊藤(高)早乙女、小野崎、増山(佐)

    ▽二塁打 川合(高)

    足利南

      000100000=1

      10012012×=7

    栃木翔南

     (足)立原―柳

     (栃)福田、猪野―渡辺

    ▽三塁打 柳(足)渡辺(栃)

    ▽二塁打 亀山(足)室井(栃)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

    2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

    3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

    4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

    5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです