メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球 県大会、21日開幕 22チーム対戦決まる さわやか賞は倉吉東 /鳥取

2019年度 秋季鳥取県高校野球大会

[PR]

 21日に開幕する秋季県高校野球大会(県高野連主催、毎日新聞鳥取支局など後援)の組み合わせ抽選会が10日、倉吉市内であった。22チーム(24校)が出場する今大会は上位4校が、来春のセンバツ選考の重要な資料になる中国地区大会(10月25日開幕、米子市など)の出場権を得る。

     シード校は鳥取城北▽米子北▽倉吉西▽米子東――で、米子と日野、鳥取湖陵と境港総合技術がそれぞれ合同チームを組む。選手宣誓は、鳥取城北主将の吉田貫汰(かんた)選手(2年)に決まった。フェアプレーや礼儀正しさなど、他校の模範となるチームを対象として、昨年創設された「さわやか賞」には倉吉東が選ばれた。

     大会は21~23日と28、29日、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場(鳥取市)など3球場である。入場料は大人600円▽高校生100円▽中学生以下は無料。開会式は午前8時15分、同野球場で。【小坂春乃】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

    2. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

    3. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

    4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

    5. 連休なのに…千葉の観光地悲鳴「アクセス復旧を」 シーワールドは早々に再開

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです