メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

ニュースアップ 甲子園初優勝・履正社の軌跡 「考える野球」磨き抜き頂点=社会部・隈元悠太

優勝し喜ぶ選手ら=阪神甲子園球場で2019年8月22日、幾島健太郎撮影

 「春に負けた星稜(石川)と決勝戦で対戦するなんて、ドラマみたい。でも、その筋書きは自分たちの優勝。旗(優勝旗)は渡さない」。第101回全国高校野球選手権大会は、履正社(大阪)の初優勝で幕を閉じた。野口海音(みのん)主将(3年)が決勝前日に語ったこの言葉は、今大会のナインの強い思いを象徴していた。チームの担当記者として、選手たちの軌跡を振り返りたい。

 強豪校と聞いて、寮生活や長時間練習をイメージする人が多いと思う。実際に、2010年以降、夏の甲子園…

この記事は有料記事です。

残り2354文字(全文2580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです