メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースアップ

ニュースアップ 甲子園初優勝・履正社の軌跡 「考える野球」磨き抜き頂点=社会部・隈元悠太

優勝し喜ぶ選手ら=阪神甲子園球場で2019年8月22日、幾島健太郎撮影

 「春に負けた星稜(石川)と決勝戦で対戦するなんて、ドラマみたい。でも、その筋書きは自分たちの優勝。旗(優勝旗)は渡さない」。第101回全国高校野球選手権大会は、履正社(大阪)の初優勝で幕を閉じた。野口海音(みのん)主将(3年)が決勝前日に語ったこの言葉は、今大会のナインの強い思いを象徴していた。チームの担当記者として、選手たちの軌跡を振り返りたい。

 強豪校と聞いて、寮生活や長時間練習をイメージする人が多いと思う。実際に、2010年以降、夏の甲子園…

この記事は有料記事です。

残り2354文字(全文2580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです