メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

きょう開幕 19校が熱戦 /秋田

[PR]

 第71回秋季東北地区高校野球県大会(県高校野球連盟主催、毎日新聞秋田支局など後援)は14日、秋田市のこまちスタジアムとさきがけ八橋球場で開幕する。県北、中央、県南の各地区大会を勝ち上がった18校に、夏の甲子園に出場した秋田中央を加えた計19校が熱戦を繰り広げる。

     県大会は中央地区優勝の明桜が軸になりそうだ。地区大会計4試合中、決勝を除く3試合でコールド勝ちと圧倒的な打力を見せた。守備面でも佐々木湧生投手(2年)らを中心に4試合で2失点と安定している。秋田中央は野呂田漸(ぜん)捕手(1年)ら夏の甲子園を経験したメンバーの活躍が期待される。

     大会日程は14~17、21、22日。上位3チームは10月11日に岩手県で開幕する東北大会への出場権を得る。東北大会は来春のセンバツ出場校を決める重要な資料となる。【高野裕士】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

    2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

    3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

    4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

    5. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです