メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 開幕試合、郡山が快勝 選手宣誓「仲間信じ正々堂々と」 /福島

開会式で選手宣誓する修明の藤田仁主将=福島県白河市の白河グリーンスタジアムで

[PR]

 第71回秋季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞福島支局など後援)が13日、白河市の白河グリーンスタジアムで開幕した。県内6地区予選を勝ち抜いた23校と、夏の甲子園出場で地区予選を免除された聖光学院の計24校が出場し、来春のセンバツ出場校選考の大きな参考資料となる東北大会進出を懸けて戦う。

     この日の開会式では、小雨の降る肌寒い天候の下、24校の選手が元気よく入場行進。あいさつした県高野連の小林喜則会長は「可能性を求めて躍動する姿は、令和の時代に飛躍する福島県の姿そのもの」と選手にエールを送り、修明の藤田仁主将(2年)が「仲間を信じ、最後まで正々堂々と白球を追いかけることを誓います」と選手宣誓した。

     開幕試合は、序盤から主導権を握った郡山が会津学鳳を8―2で破って2回戦に進出した。県大会の決勝は23日の予定で、上位3校が10月に岩手県で開かれる東北大会に出場する。【西川拓】


     <白河グリーンスタジアム>

     ▽1回戦

    郡山

      020010041=8

      000000020=2

    会津学鳳

     (郡)新田―小林

     (会)吉川、物江―横山

    ▽二塁打 鈴木2、伊藤(郡)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

    2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    3. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

    4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

    5. 楽庫・歌謡ラボ はやぶさ「酔わせて朝まで」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです