メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 駿台甲府、サヨナラ勝ち 韮崎工、日本航空はコールド /山梨

【韮崎工-塩山】一回表韮崎工2死三塁、宮原の適時打で生還する広瀬=甲府市で帝京第三の倉田修吾捕手

[PR]

 第72回秋季関東地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)は15日、甲府市の山日YBS球場で1回戦3試合があった。駿台甲府は帝京第三とのシーソーゲームを制し、サヨナラ勝ち。韮崎工は14安打の猛攻で塩山を圧倒、日本航空は甲府昭和を1安打に抑え、それぞれコールド勝ちした。16日は同球場で1回戦2試合が予定されている。【高田奈実】

    塩山打線が沈黙

     <山日YBS球場>

     ▽1回戦

    韮崎工 6000051=12

    塩山  2000200=4

     (七回コールド)

     (韮)青柳、保坂―竹内、青柳

     (塩)広瀬―萩原

    ▽三塁打 広瀬(韮)

    ▽二塁打 塩沢(韮)

     韮崎工は一回、広瀬の2点適時三塁打など6長短打で6点を挙げて先制。六回にも青柳と伊藤の連続適時打などで5点を挙げ、圧倒した。塩山は五回に連続押し出しで一時2点差に迫ったが、打線が2安打と沈黙した。

    帝京第三及ばず

     ▽1回戦

    帝京第三

      000100410=6

      003001201=7

    駿台甲府

     (帝)一柳、熊沢―倉田

     (駿)大須賀、藤井―三木

    ▽本塁打 倉田(帝)三木(駿)

    ▽二塁打 倉田、一柳、佐々木、大沢(帝)藤沢、亀田(駿)

     駿台甲府は七回、三木の2点本塁打で逆転。同点で迎えた九回、池田が値千金のサヨナラ適時打を放った。帝京第三は七回に5長短打などで逆転し八回は倉田の本塁打で同点とするなど再三粘ったが、一歩及ばなかった。

    この悔しさを夏に

     ○…逆転された直後の八回、帝京第三の倉田修吾捕手(2年)が同点ソロ本塁打を放ち、気を吐いた。夏の県大会は2番手の捕手として出場したが、捕逸などミスが続き、チームは2回戦で敗退。この悔しさをバネに練習に励んできた。七回にも逆転の足掛かりとなる貴重な二塁打を放った。だが、同点で迎えた九回、2死二、三塁の好機で巡ってきた打席は中飛に打ち取られ、守備では球際の捕球が甘くなる弱点も出た。チームは九回サヨナラで敗れた。試合後、投手陣らチームメートの期待に応えられなかった、と悔しさをにじませた。「この悔しさを夏にぶつけたい」と唇をかんだ。

    甲府昭和打てず

     ▽1回戦

    甲府昭和 00000=0

    日本航空 3305×=11

     (五回コールド)

     (甲)中沢―笠井

     (日)山形、清野、小沢―柳沢

    ▽三塁打 柳沢(日)

     日本航空は6点リードして迎えた四回、庄司と猟田の2点適時打と柳沢の適時三塁打で5点を挙げ、試合を決めた。甲府昭和は五回に羽田が唯一の安打を放ったが、日本航空の3投手に1安打零封された。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

    2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

    3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです