メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

4強決まる /岐阜

[PR]

 来春のセンバツ出場校選考の参考資料となる秋季県高校野球大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)の準々決勝4試合が15日、県内2球場であり、4強が出そろった。地区1位のシード校の県岐阜商や大垣日大が勝ち上がったほか、大垣西がコールド勝ち、大垣商も打ち勝った。

     準決勝は21日、大野町の大野レインボースタジアムである。【沼田亮】

     ▽準々決勝

     <大野レインボー球場>

    大垣西 2130310=10

    岐阜工 0000030=3

     (七回コールド)

     (大)大石、長岡、日比野―今西

     (岐)永田、島沢―山下

    ▽二塁打 今西、北沢、小山2、五十川(大)古川(岐)

    美濃加茂

      000000005=5

      10103001×=6

    大垣日大

     (美)吉田快、水野、林拓―守屋

     (大)権田、橋本、権田―清水

    ▽二塁打 石神、林竜(美)清水(大)

     <大垣市北公園野球場>

    岐阜聖徳

     001000000=1

      30010100×=5

    県岐阜商

     (岐)小山、橋本、稲葉―松倉

     (県)野崎―高木

    ▽本塁打 多和田、佐々木(県)

    ▽三塁打 佐竹(県)

    ▽二塁打 佐々木(県)

    大垣商 410201120=11

    大垣北 210200001=6

     (商)早野、下野竜、梅森、水野塁―下野翔

     (北)安藤、柴田、萩原―山田

    ▽二塁打 田中克(商)馬淵(北)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

    4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

    5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです