メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 ベスト8出そろう 仙台育英、東北コールド勝ち /宮城

【柴田-古川工】八回裏古川工1死二塁、佐藤葵が適時打を放つ=仙台市民球場で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞仙台支局など後援)は17日、仙台市民、石巻市民の両球場で2回戦6試合があり、既に勝ち進んでいる仙台一と仙台商を加えた8強が出そろった。

 仙台育英と東北はコールド勝ちした。一方、ともに第1シードの柴田が古川工に、大崎中央が白石工に敗れる波乱もあった。そのほか、東北学院榴ケ岡、仙台城南が順々決勝進出を決めた。

 準々決勝4試合は19日、両球場で行われる(雨天順延)。優勝候補の仙台育英と東北が石巻市民球場で午後0時半(予定)から対戦する。【藤田花】

 <仙台市民球場>

 ▽2回戦

柴田  000300001=4

古川工 00004011×=6

 (柴)高橋、佐々木、古山―阿部翔、目黒

 (古)岩崎、小関―板垣、佐藤葵

▽三塁打 板垣、小関(古)

▽二塁打 佐藤柊、村上、佐々木、亀山(柴)佐々木俊(古)

春に再起を誓う

 ○…古川工に逆転を許し、夏の宮城大会ベスト4の柴田が敗れた。横山航汰主将(2年)は、大量失点した五回裏を「最少失点に抑えることができなかった。アウト一つの大きさを実感した」と振り返り、「追加点のチャンスの場面で、あと1本が出なかった。気持ちの弱さが出た」と攻守両面の甘さを悔やんだ。それでも平塚誠監督に「しっかりと割り切って一つずつアウトを取り、自分たちのやるべきことをやろう」と声をかけられ、九回表の最後の攻撃では1点を返し、なお2死満塁と一打逆転まで迫る場面も。「負けを一人一人が受け止めて、グラウンドに出た時に精神面・技術面で100%出し切って春にリベンジしたい」と再起を誓った。

大崎中央

  000000000=0

  00002000×=2

白石工

 (大)村山、黒田、氏家―佐藤駿

 (白)小野―高橋

仙台三 0000000=0

東北  010142×=8

 (七回コールド)

 (仙)千葉康―千葉陽

 (東)小野寺―佐藤琉

▽本塁打 佐藤琉(東)

▽三塁打 小野寺、小熊(東)

▽二塁打 小原、西沢(東)

 <石巻市民球場>

 ▽2回戦

東北学院榴ケ岡

  102002101=7

  001001000=2

角田

 (東)日ケ久保、柳田―小笠原

 (角)太田、佐藤―安藤

▽二塁打 若生、吉田透、小島(東)

小牛田農林

  100010101=4

  000001301=5

仙台城南

 (小)喜世―今野

 (仙)阿部、高橋陸―石川

▽三塁打 倉片(仙)

▽二塁打 山崎、菅原(仙)

聖和学園 1001000=2

仙台育英 911000×=11

 (七回コールド)

 (聖)佐野、小林、丹野―畠山

 (仙)笹倉、杉山、吉野―木村、小野寺

▽本塁打 笹倉(仙)

▽三塁打 田口(聖)田中(仙)

▽二塁打 田口(聖)田中、吉野、木村、宮本(仙)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです