メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会 組み合わせ決まる /埼玉

[PR]

 21日に開幕する秋季高校野球県大会(県高野連など主催、毎日新聞社後援)の組み合わせ抽選会が17日、上尾市東町のスポーツ総合センターで行われた。各地区の予選を勝ち抜いた35校が関東大会出場をかけて熱戦を繰り広げる。決勝は10月6日に行われる予定。

 シードは今夏の甲子園に出場した花咲徳栄、春の県大会優勝の春日部共栄のほか、浦和学院、昌平の計4校。花咲徳栄は22日に登場し、秀明英光と対戦する。優勝・準優勝の2チームは10月19日から群馬県で行われる関東大会に出場する。関東大会の結果は、来春のセンバツ出場校の選考で重要な参考資料となる。【平本絢子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです