メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

4強決まる 花巻東コールド勝ち 盛岡大付も圧勝 /岩手

【盛岡商-盛岡一】四回表盛岡商1死二塁、6番遠山の中前適時打で先制の本塁を踏んだ川野=岩手県花巻市松園町の花巻球場で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞盛岡支局など後援)は18日、盛岡市の県営野球場など2球場で準々決勝4試合があった。

     花巻東は夏の県大会決勝で戦った大船渡から17得点を奪い、六回コールド勝ちした。昨年王者の盛岡大付も八回コールドで専大北上を降した。盛岡商と一関学院も準決勝に駒を進めた。

     準決勝は21日、同球場で2試合が予定されている。【山田豊】

     <県営野球場>

     ▽準々決勝

    一関学院

      330000001=7

      000001010=2

    盛岡三

     (一)菊池、小綿、鈴木壮―佐々木春

     (盛)後藤、利府―菅原

    ▽三塁打 佐藤颯(一)

    ▽二塁打 坂本、佐藤颯(一)利府2(盛)

    専大北上 30000000=3

    盛岡大付 00221113=10

     (八回コールド)

     (専)高橋、長島―川上、佐藤

     (盛)大久保―塚本

    ▽本塁打 大久保(盛)

    ▽二塁打 早坂、高橋(専)松本、塚本、石井(盛)

     <花巻球場>

     ▽準々決勝

    花巻東 200528=17

    大船渡 300010=4

     (六回コールド)

     (花)菱川、松本―菅

     (大)前川、吉田、高―及川太

    ▽三塁打 菅(花)

    ▽二塁打 田村2、菅、大和田(花)吉田(大)

    盛岡商 000101002=4

    盛岡一 000010000=1

     (商)桜庭―川野

     (一)菅、佐々木裕―金沢

    ▽三塁打 荘野(商)

    ▽二塁打 田山頼、広田(商)菅、高橋怜(一)


     ■球詩

    収穫手に成長誓う 大船渡・前川真斗投手(2年)

    大船渡・前川真斗投手(2年)

     「花巻東とは夏に負けてからずっと戦いたかった」。1学年上の佐々木朗希投手から大船渡の背番号「1」を受け継いだ160センチの小柄なエース。2カ月前、夏の県大会決勝では七回から2番手で登板したが、3回を3失点と悔しい思いをした。そのリベンジを果たそうと挑んだが、5回9失点で降板し、チームも敗れた。

     試合前、国保陽平監督から「上の学年と比較されるだろうけど、君たちの色を出していこう」と話があった。序盤はリズムよく低めに集める丁寧な投球で3回を1失点に抑えた。「自分の投球をすれば、大きく崩れることはないと分かった」と収穫もあった。

     強い気持ちを持って投げていた佐々木投手の背中を見てきた。「夏は投げる前から気持ちで負けていたが、今日は絶対に抑えてやろうと強気で投げた」とエースの自覚が芽生えてきた。冬の課題は体を大きくして球速を上げること。「いつかチームを勝たせるエースになりたい」と成長を誓った。【山田豊】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

    2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

    3. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

    4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

    5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです