メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

決勝進出2校、東北大会へ きょう準決勝 /秋田

[PR]

 第71回秋季東北地区高校野球県大会(県高校野球連盟主催、毎日新聞秋田支局など後援)は、秋田市のこまちスタジアムで21日に準決勝がある。午前10時から由利と能代松陽、午後0時半からは明桜と秋田商が対戦。勝てば10月に岩手県で行われる東北大会への出場が決まる。22日には同スタジアムで決勝と第3代表決定戦が予定されている。

由利―能代松陽

 両校共に2試合連続で終盤に逆転して勝ち上がってきた。

 由利は安打数こそ少ないが、好機を逃さず点を挙げてきた。佐藤哲矢捕手(2年)が8打数5安打と打線をけん引。準々決勝では自らもマウンドに上がり、無失点に抑えた。

 能代松陽は初戦で夏の甲子園出場の秋田中央を破った。秋田戦も4点差をひっくり返し勢いに乗っている。大高勇心投手(1年)はテンポよく2試合を1人で投げ抜いた。

明桜―秋田商

 伝統校同士でいずれも県大会では得点力の高さが際立つ。

 明桜は投手陣が安定。夏の秋田大会を経験した長尾光(2年)、佐々木湧生(同)の両投手を軸に2試合で2失点。打線も好調で23安打19得点とチーム打率は4割を超える。

 4強のうち唯一3試合を勝ち抜いた秋田商は計9本の長打力が持ち味。エースの石川陸斗投手(同)は準々決勝で本塁打を放つなど、打撃でも調子を上げている。【下河辺果歩】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです