メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

鶴岡東8強入り 新庄北、山形学院も /山形

7回2失点と好投した新庄北の柿崎光=山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞山形支局など後援)は20日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで2回戦3試合を行った。今夏の甲子園で3回戦に進んだ鶴岡東が初登場し、3投手の継投で米沢商打線を1安打に封じ、16―0で快勝して8強入り。新庄北は三回に4本の長短打を集めて3点を奪い、山形商の反撃を振り切った。山形学院は4番・高橋真(2年)の4打点などで米沢中央に大勝した。21日も2回戦3試合が行われる。【的野暁】

    先発全員の15安打

     ○…鶴岡東は先発全員の15安打で初戦に快勝した。夏の甲子園を経験した1番・山路(2年)は「勢いづけるため、絶対に出塁する」と一回、フルカウントから直球を流し打ち、左中間二塁打で出てこの回8点の口火を切った。「どんな投手にも対応できる」と自負する強力打線で次戦に臨む。

    主将、投打でけん引

     ○…新庄北はエースで4番の主将・柿崎光(2年)が投打にけん引。中軸打者としては三回、2点を先取し、なおも2死一塁の場面で直球をとらえ、中堅への適時二塁打を放った。3点を奪った直後の四回に相手の4番にソロを浴び、「疲れてフォームが突っ込み、制球が乱れた」と反省したが、身長180センチから繰り出す直球を武器に7回2失点と試合を作った。次は夏の覇者・鶴岡東。「守備からリズムを作り、最後まで集中力を切らさずにやっていきたい」と語った。


     <荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた>

     ▽2回戦

    鶴岡東 80521=16

    米沢商 00000=0

     (五回コールド)

     (鶴)宮地、植村、佐藤―北原、小林壱

     (米)遠藤、原田―樋口

    ▽本塁打 鈴木(鶴)

    ▽三塁打 宮地、野川(鶴)

    ▽二塁打 山路、伊藤、北原、太田(鶴)

    山形商 000100100=2

    新庄北 00300000×=3

     (山)金子―渋谷

     (新)柿崎光、佐々木―伊藤

    ▽本塁打 鈴木(山)

    ▽二塁打 斉藤(山)大場、柿崎光(新)

    山形学院 00354=12

    米沢中央 00110=2

     (五回コールド)

     (山)下村―高橋真

     (米)池野、芝―芝、宮内

    ▽三塁打 高橋真(山)

    ▽二塁打 下村(山)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

    2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

    3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

    4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

    5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです