メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 きょう準決勝 学法福島×東日大昌平、福島成蹊×磐城 /福島

【学法石川ー福島成蹊】福島成蹊七回裏無死一、三塁、西脇のスクイズで正木が生還=福島県白河市の白河グリーンスタジアムで

[PR]

 第71回秋季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞福島支局など後援)は21日、白河市の白河グリーンスタジアムなど2球場で準々決勝4試合行い、4強が出そろった。福島成蹊は、昨年秋の大会で優勝した聖光学院を2回戦で破った学法石川に7―2で快勝し、初の4強入りを果たした。東日大昌平は、4点を追う五回、打者一巡の猛攻で一挙7点を取り、光南に逆転勝ちした。22日は、同球場で準決勝2試合が予定されている。【磯貝映奈】

 <白河グリーンスタジアム>

 ▽準々決勝

光南

  040000000=4

  00007100×=8

東日大昌平

 (光)国井、矢田部―佐藤

 (東)佐藤海、大内―松谷

▽二塁打 水沼、庄司、塩田(光)小松(東)

学法石川

  001000100=2

  00400030×=7

福島成蹊

 (学)佐藤日、木上、佐藤日―遠藤、横山

 (福)松本―西脇

▽二塁打 佐藤比(学)佐藤(福)

 <ヨーク開成山スタジアム>

 ▽準々決勝ふたば未来

  000000000=0

  20101000×=4

学法福島

 (ふ)熊谷―前川

 (学)辻垣―梅田

▽三塁打 梅田(学)

▽二塁打 本間(ふ)

須賀川

  000000100=1

  22000001×=5

磐城

 (須)大越幸、千代―大竹

 (磐)沖―岩間

▽本塁打 千代(須)

▽三塁打 市毛(磐)

▽二塁打 樋口(磐)


 ■白球譜

東日大昌平・大内弘也投手(2年)

肩に違和感も投打に活躍 東日大昌平・大内弘也投手(2年)

 「行けるか?」。4点を先取された二回、ブルペンで調整していると伊藤博康監督から聞かれた。「背番号1をつけている以上は、行くしかない」。8月の支部予選決勝で痛めた右肩にまだ違和感があったが、仲間の逆転を信じてマウンドへ上がることを決めた。

 7回3分の1を投げて被安打2、無失点に抑え、打っては4打数3安打の活躍。万全の状態ではなかったが、投打でチームを引っ張った。ブルペンでは、肩をかばい8割くらいの力で投げていると低めにうまく投げられたという。「力を抜いて投げることを意識した」

 我慢強く五回まで0点に抑えると、その裏に味方打線が爆発。自身も含め打者一巡の猛攻で一挙7点を獲得した。新チームになり、「エースナンバーを背負うプレッシャーはあるが、他の投手には絶対に譲らない」と断言。この日は、「初めて公式戦で使った」というチェンジアップで三振を取った。今後も、新しいことに挑戦していくつもりだ。

 5年ぶりの東北大会出場に向けて「みんなに信頼されるエースになりたい」と意気込んだ。【磯貝映奈】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです