メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 産大付、猛追振り切る 柏崎、佐渡にサヨナラ勝ち /新潟

【新潟明訓-新潟産大付】二回裏新潟産大付2死二塁、和田昂の適時打で小林が生還し5点目が入る=新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場で

[PR]

 第141回北信越地区高校野球県大会(県高野連など主催)は21日、新潟市西区のみどりと森の運動公園野球場など4球場で4回戦8試合があり、8強が出そろった。

     新潟産大付は新潟明訓の猛追を振り切った。一回に敵失などで1死一、三塁とし五十嵐の3点本塁打で逆転に成功、追加点も奪い逃げ切った。新潟明訓は終盤の粘りで1点差まで詰め寄るがあと一本が出なかった。

     柏崎は佐渡にサヨナラ勝ち。同点の十回、1死から宮崎が安打で出塁、続く布施が適時三塁打を放って試合を決めた。2人目の小黒は五回以降好投を見せた。佐渡は先発の橋本が好投するも、延長十回、サヨナラ負けを喫した。

     準々決勝は23日に、新発田市の五十公野公園野球場など2球場で4試合がある。【露木陽介】

     <新潟・みどりと森>

     ▽4回戦

    新潟明訓

      100003021=7

      32021000×=8

    新潟産大付

     (明)関谷、斎藤―吉田、鷲沢

     (産)和田昂、仙田、西村―畠山

    ▽本塁打 五十嵐(産)

    ▽二塁打 遠藤聖2、関谷、中野(明)小林、和田昂(産)

    佐渡

      0012000000=3

      1000000021=4

    柏崎

     (延長十回)

     (佐)橋本、池野―本間

     (柏)伊部、小黒―村山

    ▽三塁打 布施(柏)

    ▽二塁打 田辺(柏)

     <新発田・五十公野>

     ▽4回戦

    長岡大手

      000000001=1

      00210002×=5

    村上桜ケ丘

     (長)上村―岡部

     (村)山田尚―菅原

    ▽二塁打 菅原2、山田大(村)

    三条

      102110001000=6

      104000010001=7

     (延長十二回)

     (三)小杉、白井、丸山―阿部

     (巻)村井、西沢―石黒

    ▽三塁打 霜鳥、阿部2、白井(三)

    ▽二塁打 黒川(三)

     <長岡・悠久山>

     ▽4回戦

    開志学園

      011100000=3

      10000003×=4

    中越

     (開)川上、荒井―小平

     (中)佐藤旦、佐藤雄、加藤―外山、室橋

    ▽本塁打 松井(開)

    ▽三塁打 小柳(開)

    ▽二塁打 松井(開)

    加茂暁星 01200022=7

    高田   00000000=0

     (八回コールド)

     (加)藤井―伊藤

     (高)小林―田中

    ▽本塁打 砂川(加)

    ▽三塁打 砂川(加)

     <三条パールスタジアム>

     ▽4回戦

    新津南

      000020200=4

      21210020×=8

    長岡工

     (新)佐藤、向井―山崎藍

     (長)栗田、村山、大塚―山田

    ▽三塁打 田中(長)

    ▽二塁打 鈴木2、向井(新)韮沢(長)

    北越   0521040=12

    関根学園 2100101=5

     (七回コールド)

     (北)阿部―小川

     (関)斎川、保坂―舘野

    ▽二塁打 松山、本間大(北)瀬戸(関)


     ■白球譜

    8強にはまだ早かった 佐渡・2年 橋本玲音投手

    佐渡・橋本玲音(はしもと・れおん)投手(2年)

     「8強にはまだ早いんだと言われたような試合だった」と振り返った。今夏4強の新潟を降しての4回戦。調子は悪くなかった。二回以降、4イニング連続の3者凡退などスコアボードに0を並べた。「外角への制球が良かった。外を狙われてからは効果的に内角も使えたし、決め球のチェンジアップも沈んだ」と手応えを感じていた。

     しかし味方打線が2点を勝ち越してから、追加点が奪えず流れに乗りきれない。九回に2死から3連打で同点に追いつかれ、満塁のピンチでボール先行に。チームメートの「落ち着いていけ」の声を背に「必ず抑えようと思った」と打者を一ゴロに仕留め同点で切り抜けた。

     十回に安打を打たれ降板、直後にサヨナラ負けを喫した。「最後まで投げきれず悔しい。この結果になったのは自分がまだ弱い証拠」と話す。「もうこんな悔しい思いはしたくない」。固い決意を胸に球場を去った。【露木陽介】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

    2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

    4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

    5. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです