メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

盛岡大付がV2 3位決定戦、一関学院も東北大会へ /岩手

【花巻東-盛岡大付】二回裏盛岡大付2死一、三塁、四日市の左前適時打で三塁走者の塚本が生還=盛岡市三ツ割の県営野球場で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞盛岡支局など後援)の決勝と3位決定戦が22日、盛岡市の県営野球場であった。決勝は盛岡大付が花巻東を4―3で降し、2年連続の優勝を果たした。3位決定戦では一関学院が盛岡商を5―2で破り、東北大会出場権を獲得した。

 東北大会は10月11~16日、岩手県で開催され、来春のセンバツ出場校選考の参考資料となる。【日向米華】

2本塁打突き放す

 <県営野球場>

 ▽決勝

花巻東

  100001010=3

  01002100×=4

盛岡大付

 (花)古川端、松本―菅

 (盛)大久保―塚本

▽本塁打 渡辺、塚本(盛)

▽二塁打 塚本

 盛岡大付は二回、塚本が二塁打で出塁すると、四日市の左前適時打で追い付く。五回には渡辺、六回には塚本が本塁打を放ち、突き放した。花巻東は八回に田村の左前適時打で1点差としたが、あと一本が出なかった。

好機に安打出ず

 ▽3位決定戦

一関学院

  003001001=5

  001000010=2

盛岡商

 (一)佐藤弘、小綿、鈴木壮―佐々木春

 (盛)桜庭―川野

▽三塁打 佐藤颯(一)遠山(盛)

▽二塁打 近江、瀬川、坂本(一)広田、飛内(盛)

 一関学院は三回、近江が左中間二塁打で出塁すると、内野安打などで一挙3得点。六回にも連打で追加点を挙げ、突き放した。盛岡商は再三好機を作るも、打線にあと一本が出ず、相手の継投策にも阻まれた。


 ■球詩

一関学院・佐々木春磨捕手(2年)

投手の本領、引き出す 佐々木春磨捕手 一関学院(2年)

 2点リードで迎えた九回表、2死一、三塁で打席が回ってきた。「ここで1点取れば試合が決まる」。内野手が前に来ていたのは分かっていたが、「足では絶対勝てる」と信じて、セーフティーバントを試みた。狙い通り打球は三塁手の前に転がり内野安打。チームは東北大会出場を決めた。

 チームでは「守備が崩れたら負け」と話し合ってきた。正捕手として、自分が投手の本領を引き出せるよう工夫している。この日マウンドに上がった1年の鈴木壮浩投手はピンチになると顔がこわ張る。そんなときは自分が笑顔を見せるよう努める。一方、2年の小綿大斗投手はピンチでも動じない。「俺たちなら抑えられる」と言葉を掛け、気持ちを高めることを意識する。「ピンチの時に一人にしない」ことを心掛けている。

 東北大会には出場するが、県大会3位には満足していない。「負けたことで分かった課題を見つめ直し、東北大会に臨みたい」と先を見据えた。【日向米華】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  3. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  4. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです