メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 仙台育英8連覇 仙台城南、初の東北大会へ 仙台育英、仙台商、仙台城南、監督の話 /宮城

[PR]

球の見極めが勝因 仙台育英・須江航監督

 先発の菅原が三回を1点で抑えてくれ、(リリーフの)伊藤が流れを戻してくれた。ボールになる球で(バットを)振らなかったことが勝因。東北大会では(プレーの)精度にこだわってやっていきたい。

    地力の差が出た 仙台商・下原俊介監督

     初回の1死満塁から主導権を握りたかったが、(得点できず)地力の差が出てしまい、五回にビッグイニングをつくられた。東北大会までに守備を修正し、一冬かけて打撃や機動力を磨いていきたい。

    力以上のもの出た 仙台城南・角晃司監督

     (東北大会初進出で)学校の歴史を塗り替えてくれた。力以上のものを出してくれた選手たちに感謝している。東北大会では一つでも多くの勝利を挙げたい。東北大会に向けて、守備を鍛え直さなければいけない。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

    4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

    5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです