メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 福島成蹊、初の東北大会 きょう学法福島と決勝 /福島

【学法福島ー東日大昌平】一回表学法福島2死三塁、西山の左前適時打で先制=白河市の白河グリーンスタジアムで

[PR]

 第71回秋季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞福島支局など後援)は22日、白河市の白河グリーンスタジアムで準決勝2試合を行った。学法福島は、先発の辻垣高良投手(2年)が、東日大昌平を1点に抑えて完投。福島成蹊は磐城から八回に一挙4点を取り逆転勝ちした。学法福島は8年ぶり、福島成蹊は初の東北大会出場を決めた。23日は同球場で決勝と3位決定戦があり、東日大昌平と磐城が東北大会の出場権を争う。【磯貝映奈】

昌平、反撃及ばず

 <白河グリーンスタジアム>

 ▽準決勝

学法福島

  110202000=6

  000100000=1

東日大昌平

 (学)辻垣―梅田

 (東)小椋、佐藤海、松野―松谷

▽二塁打 梅田(学)松谷(東)

 学法福島は一回、西山の左前打で先制。その後も単打や盗塁で打線をつなぎ得点を重ねた。投げては先発の辻垣が被安打6、1失点で完投した。東日大昌平は、四回に黒沢の右犠飛で1点を返すも及ばなかった。

磐城、逃げ切れず

磐城

  013001100=6

  30000004×=7

福島成蹊

 (磐)佐藤―岩間

 (福)八巻―西脇

▽三塁打 岩間(磐)

▽二塁打 佐藤(磐)斎藤、宍戸大、上遠野、須田(福)

 福島成蹊は一回、斎藤、上遠野の二塁打などで3点を先取。三回に逆転されたが、八回に宍戸大、須田の二塁打などで1点差に迫ると、佐藤の右前適時打で逆転した。磐城は一時リードを3点に広げたが逃げ切れなかった。


福島成蹊・佐藤慎悟内野手(2年)

 ■白球譜

勝つため、できること確実に 福島成蹊・佐藤慎悟内野手(2年)

 八回裏2死二、三塁、逆転の好機に打順が回ってきた。「絶対に自分が決める」と狙っていた内角の直球を振り抜いた。打った瞬間「まずい」と思った打球は、一塁手の左を抜けて右前へ。試合を決めた一打に「うれしい」と笑顔。金子淳監督も「チーム全員の『勝ちたい』という気持ちが(ボールを)飛ばしてくれた」と振り返った。

 チームは一回に一挙3点を奪ったが、三回に失策もあって逆転を許す厳しい展開。「元気に我慢強く戦えばチャンスは必ずくる」。夏の大会を共に戦い、この日は応援に駆けつけてくれた3年生から教わったことを思い出し、「逆転できる自信が湧いてきた」。

 県北支部予選から計10試合を戦い、途中出場も含め、ほとんどの試合に出場している。周囲からは疲れを心配されるが「多くの試合をこなしてきたから今日も緊張せず、いつも通り戦えた」と連戦もプラスに捉える。

 決勝の相手は支部予選1回戦で延長十三回の末、敗れた学法福島。見逃し三振で最後の打者となった悔しさがある。「ホームランを打てるような選手ではないので、自分にできることを確実にこなして、絶対に勝つ」と意気込んだ。【磯貝映奈】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです