メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

桐光が横浜降し4強 三浦学苑も逃げ切り /神奈川

[PR]

 高校野球秋季県大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)は22日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準々決勝2試合があった。三浦学苑が立花学園を、桐光学園が横浜をともに3―0で降してそれぞれ準決勝進出を決め、ベスト4が出そろった。 

     準決勝は10月5日、サーティーフォー保土ケ谷球場で行われる。午前10時から相洋と東海大相模が、午後0時半から三浦学苑と桐光学園が対戦する予定。決勝に進出する2校は、同19日から群馬県で開催される秋季関東大会に出場する。【国本愛】

    立花好機を逃す

     ▽準々決勝

    三浦学苑

      100100001=3

      000000000=0

    立花学園

     (三)長谷川―立川

     (立)武井、高橋―桑田

     ▽二塁打 本多、上村(三)島袋(立)

     三浦学苑は一回、1死二塁から本多の適時二塁打で先制。その後も追加点を挙げ、逃げ切った。先発の長谷川は被安打5で完投。立花学園は八回、島袋の二塁打で2死二塁の好機を作ったが生かせなかった。

    横浜攻撃続かず

     ▽同

    横浜

      000000000=0

      00000102×=3

    桐光学園

     (横)木下、松本―立花

     (桐)安達―石倉

    ▽二塁打 度会(横)森田(桐)

     桐光学園は六回、2死一、二塁から安達が適時打を放ち先制。八回にも馬込の適時打などで2点を追加し突き放した。横浜は一回、1死満塁の先制の好機を逃した。七回以降も毎回出塁したが、攻撃が続かなかった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

    2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

    3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

    4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

    5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです