メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 決勝、愛工大名電VS中京大中京 両校、東海大会へ /愛知

【愛工大名電-豊川】二回表愛工大名電1死満塁、藤本の右翼線への適時三塁打で一塁から激走し、6点目のホームを踏む田村(背番号1)=小牧球場で

[PR]

【豊橋中央-中京大中京】二回裏中京大中京1死二、三塁、高橋の左前適時打で2点目=小牧球場で

 第72回県高校野球選手権大会(県高校野球連盟主催、毎日新聞社後援)は22日、小牧市の小牧球場で準決勝2試合があった。愛工大名電と中京大中京が決勝に進出し、秋季東海地区高校野球大会出場を決めた。東海大会出場は、愛工大名電が5年ぶり22回目、中京大中京は4年連続40回目。決勝は28日午後0時半から岡崎市民球場で行われる。同午前10時から同球場で、東海大会出場権をかけた3位決定戦があり、豊川と豊橋中央が対戦する。【三浦研吾】

    3連打で3点先取

     <小牧球場>

     ▽準決勝

    愛工大名電 34033=13

    豊川    20000=2

     (五回コールド)

     (愛)田村―二村

     (豊)米庄、白井、白木―杉浦

    ▽三塁打 藤本(愛)

    ▽二塁打 小島、二村(愛)

     愛工大名電は初回、大石、田村、二村の3連打などで3点を先取し、二回には藤本の3点適時三塁打で加点。四、五回にも四死球で出た走者を得点につなげた。投げては、夏もエースだった1年生の田村が要所を締めた。

    高橋、5回無四死球

     ▽同

    豊橋中央  00000=0

    中京大中京 0543×=12

     (五回コールド)

     (豊)渡辺、辻、仲藤―中川

     (中)高橋―印出

    ▽二塁打 星野(豊)印出2、高橋(中)

     中京大中京は二回に印出の二塁打から好機を広げ、1点を先取後、高橋と西村の適時打などで計5点を挙げた。三回は敵失や四球などで走者を進め、西村の2点適時打で突き放した。先発・高橋は無四死球で投げ切った。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

    3. 「妻子3人の死亡は出勤前」法医学者証言 元巡査部長は「出勤時寝ていた」 福岡地裁公判

    4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

    5. 母子3人殺害 元福岡県警巡査部長「子供を殺す証拠も動機もない」無罪主張 福岡地裁初公判

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです