メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県大会 学法福島53年ぶりV 磐城3位、東北大会へ /福島

【福島成蹊ー学法福島】優勝を決め、喜ぶ学法福島の選手たち=福島県白河市の白河グリーンスタジアムで

[PR]

 第71回秋季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞福島支局など後援)は24日、白河市の白河グリーンスタジアムで決勝と3位決定戦があった。決勝は、学法福島が初優勝を目指していた福島成蹊に逆転サヨナラ勝ち。53年ぶり3回目の優勝を果たした。3位決定戦では、磐城が東日大昌平との接戦を制した。学法福島、福島成蹊、磐城は10月11日から盛岡市と岩手県花巻市で行われる東北大会に出場する。【磯貝映奈】

    福島成蹊、先制も

     <白河グリーンスタジアム>

     ▽決勝

    福島成蹊

      000002000=2

      000000012=3

    学法福島

     (福)松本―西脇

     (学)辻垣―梅田

    ▽二塁打 辻垣(学)

     学法福島は九回、川守田の左前打を足がかりに同点に追いつくと、2死二塁で辻垣が左中間適時打を放ってサヨナラ勝ちした。福島成蹊は六回、斎藤の右前適時打で2点を先制したが、リードを守れなかった。

    昌平、猛追及ばず

     ▽3位決定戦

    【東日大昌平ー磐城】六回裏磐城1死三塁、今野の右前打で国府田が生還=福島県白河市の白河グリーンスタジアムで

    東日大昌平

      010000110=3

      03000100×=4

    磐城

     (東)大内―松谷

     (磐)沖―岩間

    ▽三塁打 市毛(磐)

    ▽二塁打 小松2(東)沖(磐)

     磐城が逃げ切った。磐城は1点を追う二回、市毛の右越え三塁打などで3点を取り逆転。六回にも今野の右前適時打で1点を加えた。東日大昌平は七回に大内の適時打、八回には片山の犠飛で1点差まで詰めたが及ばなかった。


    学法福島・辻垣高良(たから)投手(2年)

     ■白球譜

    エース自らサヨナラ打 学法福島・辻垣高良(たから)投手(2年)

     九回表、マウンドへ上がる直前に突如、雨が激しくなった。ボールが滑りやすいのも足場が悪いのも相手投手と同じ。「ここを抑えれば、裏に何かが起こる気がした」

     「何か」を起こしたのは自分だった。2死二塁の好機に放った左中間適時打で逆転サヨナラ勝利。頭が真っ白になり、しばらく走り出せなかった。打球が地面に落ちると、右手を突き上げて一塁ベースを踏み、仲間の元へ走った。夏の大会後、打率は1割台に低迷していたが「大事なところで打ててよかった。恵みの雨ですね」と笑顔で話した。

     県北地区予選から今大会決勝まで計8試合を完投。「マウンド上では絶対にみっともない姿を見せない」とエースの自覚を持つ。1年の時は腕だけで投げていたため、けがが多かったが、ひと冬かけて投球フォームを大幅に改造。全身を使って投げるようになってからけがが激減し、連投もこなせるようになった。

     夏から目標だった「歴史を変える」を達成した学法福島。投打でチームを引っ張るエースは東北大会に向けて「各県の強豪が集まるが、どんな相手でも自分たちらしく『笑顔で戦う』スタイルを貫きたい」と闘志を燃やす。【磯貝映奈】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

    3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

    4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです