メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県2次予選 智弁和歌山、4強へ進出 /和歌山

【和歌山商-智弁和歌山】一回裏智弁和歌山、無死二塁、綾原が左前適時打を放ち先制=和歌山市毛見の県営紀三井寺球場で、砂押健太撮影

[PR]

 秋季近畿地区高校野球大会県2次予選(県高野連主催)が26日、和歌山市毛見の県営紀三井寺球場で開幕した。準々決勝1試合があり、智弁和歌山が和歌山商を破って、4強に駒を進めた。

     残りの準々決勝3試合は28日同球場である。市和歌山―箕島が午前9時、那賀―和歌山南陵が午前11時半、日高中津―桐蔭が午後2時に始まる予定。【砂押健太】

     ▽準々決勝

    和歌山商

      000004000=4

      25100000×=8

    智弁和歌山

     (商)松尾、宮田率―高岡

     (智)矢田、大林、池田、小林樹―石平

    ▽本塁打 高嶋(智)

    ▽三塁打 川上(智)

    ▽二塁打 加瀬田、小池(商)平田(智)

     智弁和歌山は一回から綾原、川上の適時打で2点を先取。さらに二回、平田の中越え3点適時打などで計5点を奪い、一気に試合の主導権を握った。和歌山商は六回、3連打で4点を返し、意地をみせたが及ばなかった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

    3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

    4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

    5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです