メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

県予選 きょう準決勝 関東大会出場かけ4強激突 /群馬

[PR]

 第72回秋季関東地区高校野球大会県予選(県高野連主催)は28日、桐生球場(桐生市)で準決勝2試合が行われる。第1試合は、桐生第一対樹徳の「東毛対決」。第2試合は、投打に好調の健大高崎と今夏の覇者・前橋育英の対戦。準決勝の勝者は、10月に群馬県で開催される関東大会の出場権を得る。【妹尾直道】

    打線好調の樹徳VSバランスの桐生第一

     東毛でしのぎを削ってきた2校の対決。樹徳は打線に力がある。今大会2本塁打の北爪らを軸に集中打を浴びせる力があり、準々決勝では五、六回で5安打5得点を挙げて試合を決めた。好投を続ける対比地と柏崎の継投で、相手打線の猛攻をしのぎたい。桐生第一は投打にバランスが良い。今夏でも中軸を任された広瀬などを中心に4試合で39得点を挙げた。投げては、多彩な変化球を持つ宮下のほか、経験豊富な本格派の蓼原が控える。

    総合力の健大高崎VS守備力の前橋育英

     高い総合力の健大高崎は今大会3戦全てでコールド勝ち。打撃陣は中田や小沢らが好調でチーム打率も3割超。主戦・下は最速140キロ台の直球を武器に制球力が高い。今夏の初戦敗退をバネにチームの完成度を高めてきた。一方の前橋育英は今大会、接戦を制してきた。攻守の要は今夏甲子園出場の捕手・須永。長打力の諸田も勝負強さが光る。先手を取って菊池や武藤らの投手陣を援護し、今大会1失策の守備力で粘り強く戦いたい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

    2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

    3. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

    4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

    5. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです