メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県大会 敦賀気比、圧巻V 敦賀に27-4 3位は北陸 /福井

【敦賀気比-敦賀】一回表敦賀気比1死三塁、大島の内野ゴロの間に長浜が生還し先制=福井市の県営球場で、横見知佳撮影

[PR]

 秋の北信越地区高校野球県大会(県高野連、県教委主催)は29日、福井市の県営球場で決勝があり、24安打と打線を爆発させた敦賀気比が27―4と大差で敦賀を降し、秋季県大会として4年ぶり13回目の優勝を飾った。同球場で行われた3位決定戦では北陸の印牧光希投手が11奪三振の好投で羽水を降した。

     上位3校は来月12日から石川県で行われる北信越大会に出場する。同大会の成績は来春の第92回選抜高校野球大会の出場校選考の重要な資料になる。【横見知佳】

     ▽決勝

    敦賀気比

      1400132160=27

      0000200 20=4

    敦賀

     (気)松村、岩田、長谷川―御簗

     (敦)広川、三野、久米、埜村、田辺、埜村、竹中―細川

    ▽本塁打 東(気)細川(敦)

    ▽三塁打 長谷川、東(気)久米(敦)

    ▽二塁打 長浜、長谷川、前川2、沼田、御簗2、岡村(気)

     敦賀気比が猛打で敦賀を圧倒した。二回に長浜の走者一掃となる適時二塁打などで4点を挙げ、試合の主導権を握った。八回には打者二巡の猛攻で16点を記録。敦賀は延べ7人の投手を繰り出したが、及ばなかった。

     ▽3位決定戦

    北陸

      13100402=11

      00000120=3

    羽水

     (八回コールド)

     (北)印牧―杼木

     (羽)向、寺岡諒―小嶋

    ▽二塁打 杼木、水町、岸本、堀内(北)大籏(羽)

     北陸打線が16安打で11点を挙げ、羽水を寄せ付けなかった。一回、1死一、三塁から適時打で先制。六回には6連続安打などで4点を加えるなど得点を重ねた。羽水は六、七回に計3点を返したが、中盤までの失点が響いた。

    印牧投手が11K

    北陸の印牧光希投手(2年)=福井市の県営球場で、横見知佳撮影

     ○…北信越大会出場を決めた北陸の勝利の立役者となったのは先発・印牧光希投手(2年)だ。「大切な試合だったので初回からエンジン全開で挑んだ」と羽水打線に向かい、毎回三振を奪った(八回コールドで参考記録)。二回の無死二、三塁の場面では「我慢という言葉が頭に浮かんだ」。打たせて取ることを意識し、一飛と三振、中飛と得点を許さなかった。終盤にはスタミナ切れから3点を与えたが、杼木誠太朗捕手(2年)の「点取られても取り返してやるから落ち着いて投げろ」との声に背中を押された。最後は外角のスライダーを投げ込み、11個目となる奪三振で試合を締めた。


     ■熱球

    主砲の重圧決勝で解放 敦賀気比・2年 長谷川信哉選手

    長谷川信哉選手(2年)=福井市の県営球場で、横見知佳撮影

     八回表2死二、三塁、打ち気満々で入った打席の初球。強くはじいた打球は三塁線を破り、2点適時打に。既に試合の大勢は決していたが、会心の一打に「やっと4番の仕事ができた」。1回戦から打棒が振るわず、準決勝では無安打。決勝では一転、3安打4打点の活躍で、「気比の主砲」の重圧から解放された安堵(あんど)の表情を浮かべた。

     夏の甲子園では3試合に途中出場した。学校グラウンドのフェンスを越えるような長打力を買われ、新チームでは4番打者に指名されたものの、秋の県大会では結果が出ず、弱気になっていた。

     悩める主砲に対し、東哲平監督が決勝前に与えた助言は「ノーステップで打て」。しっかり球を見極めて、ミートの精度を上げるためだと考えた。いつもと異なる打撃フォームにも違和感はなく、ファウルボールでさえ芯をとらえる感覚が体に戻った。「一本出るまで頑張ろう」と粘り強く気持ちを奮い立たせ、好結果につなげた。

     「不調の中でもみんなが打ってくれた。自分も打てたら打線がさらにつながる。しっかり振って、強い打球を打ちたい」と北信越大会に向けて更なる成長を誓った。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

    3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    5. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです