メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「地元に恩返し」 大船渡高・佐々木投手のプロ志望届受理 全力プレー誓う /岩手

ポーズをとって撮影に応じる大船渡高校の佐々木朗希投手=岩手県大船渡市で、丸山博撮影

 高校野球で最速となる163キロを出した右腕、大船渡高の佐々木朗希投手(17)が2日、大船渡市民文化会館で記者会見を開き、プロ志望届を提出して受理されたことを報告した。報道陣約80人が集まった中で、佐々木投手は「地元に恩返しできるようなプレーがしたい」と抱負を語った。【山田豊】

 ――プロ野球でどんなプレーを見せたいか

 「自分のできることを精いっぱいして、全力プレーを見せられたらいいなと思う」

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 天気 東京、今年は「木枯らし1号」ない冬に 39年ぶり

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです