メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 組み合わせ決まる 11日開幕 /岩手

抽選に臨む盛岡大付・小林武都主将(2年)=盛岡市羽場の盛岡工業高校で

[PR]

 11日に開幕する第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)の組み合わせ抽選会が4日、盛岡市内であった。県勢3校の初戦は第1代表の盛岡大付が弘前東(青森第2)と、第2代表の花巻東が仙台城南(宮城第3)と、第3代表の一関学院が日大山形(山形第2)と、それぞれ対戦する。

     東北6県の各県大会を勝ち抜いた18チームがトーナメント方式で戦う。開会式は11日午前9時から、岩手県営野球場で。試合は11~16日(14日は休養日)に、盛岡市の同球場と花巻市の花巻球場で行われる。成績は来春のセンバツ出場チームを決める重要な資料となる。

     抽選会後、盛岡大付の小林武都主将(2年)は「一点でも多く取って、どんな試合展開でも諦めない粘り強い野球を見せたい。気迫と気持ちはどこにも負けない。初の東北大会優勝を目指す」と意気込んだ。【山田豊、鹿糠亜裕美】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

    2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

    3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです