メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 組み合わせ決まる 仙台育英、11日に初戦 /宮城

[PR]

 11日に開幕する第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)の組み合わせ抽選会が4日、盛岡市内であった。県勢3校の初戦は、第1代表の仙台育英が明桜(秋田)と、第2代表の仙台商が青森山田(青森)と、第3代表の仙台城南が花巻東(岩手)と、それぞれ対戦する。

     東北6県の各県大会を勝ち抜いた18チームがトーナメント方式で戦う。開会式は11日午前9時から、岩手県営野球場で。試合は11~16日(14日は休養日)に、盛岡市の同球場と岩手県花巻市の花巻球場で行われる。大会の成績は来春のセンバツ出場チームを決める重要な資料となる。

     抽選後、仙台育英の田中祥都主将は「相手がどこでも自分たちがやってきたことを信じて、勝ちながら強くなっていきたい。打撃が強みだが、県大会では走塁や守備に課題を残した。そこを修正したい。優勝を目指す」と意気込んだ。【山田豊】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

    3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

    4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

    5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです