メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会 北越、初戦は北陸と センバツ目指し11日開幕 /新潟

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が4日、金沢市であり、出場16校の対戦相手が決まった。大会成績は来春のセンバツ出場校選定の重要な参考資料となる。

     大会には長野、新潟、富山、福井各県から各3校、開催県の石川からは4校が出場。試合は石川県立野球場、金沢市民野球場=いずれも金沢市=と、弁慶スタジアム(石川県小松市)である。

     11日午後4時半から県立野球場で開会式があり、12日に1回戦8試合を行う。北越(新潟1位)は北陸(福井3位)、新潟産大府(新潟2位)は佐久長聖(長野2位)、加茂暁星(新潟3位)は敦賀気比(福井1位)とそれぞれ対戦する。

     決勝は20日午前10時から、県立野球場で行われる。【井手千夏】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    2. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

    3. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

    5. 山手線あす部分運休 新駅関連工事 大崎、上野で折り返し

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです