メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会 組み合わせ決まる 県勢3校が出場 11日開会式 /福井

北信越地区高校野球

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が4日、金沢市であり、出場16校の対戦相手が決まった。大会成績は来春のセンバツ出場校選定の重要な参考資料となる。

 大会には長野、新潟、富山、福井各県から各3校、開催県の石川からは4校が出場。試合は石川県立野球場、金沢市民野球場=いずれも金沢市=と、弁慶スタジアム(石川県小松市)である。

 11日午後4時半から県立野球場で開会式があり、12日に1回戦8試合を行う。星稜(石川1位)は高岡第一(富山3位)、上田西(長野1位)は津幡(石川4位)、北越(新潟1位)は北陸(福井3位)、高岡向陵(富山1位)は金沢商(石川3位)、敦賀気比(福井1位)は加茂暁星(新潟3位)とそれぞれ対戦する。

 決勝は20日午前10時から、県立野球場で行われる。【井手千夏】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです