メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球 第145回九州地区高校野球 宮崎大会 富島と宮崎日大、九州大会出場へ

[PR]

 第145回九州地区高校野球宮崎大会は4日、宮崎市の県総合運動公園ひむかスタジアムで準決勝2試合があり、富島が都城商を6―3で、宮崎日大が宮崎北を6―1で降し、それぞれ九州大会出場を決めた。決勝は6日午後0時半から同スタジアムで開始予定。鹿児島大会は準々決勝2試合があった。

     来春のセンバツ出場の参考となる九州大会は19日から佐賀県で開かれる。【塩月由香】

     <宮崎大会>

     ▽準決勝

    富島

      020021100=6

      000100200=3

    都城商

     (富)富井―坂本

     (都)岡原、岡元―麦生田

    ▽三塁打 高橋(富)

    ▽二塁打 黒木晃、富井、黒田、坂本(富)児玉、吉留(都)

    宮崎日大

      211000002=6

      100000000=1

    宮崎北

     (日)谷本、岩崎―大山

     (北)平塚―柴下

    ▽本塁打 縄田(日)

    ▽二塁打 伊藤、岩崎(日)坪田、上田(北)

     <鹿児島大会>

     ▽準々決勝

    鹿児島城西 11―0 加治木工

     (七回コールド)

    鹿屋中央   4―2 池田

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

    2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

    3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

    4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

    5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです