メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校野球 第145回九州地区高校野球 宮崎大会 富島と宮崎日大、九州大会出場へ

[PR]

 第145回九州地区高校野球宮崎大会は4日、宮崎市の県総合運動公園ひむかスタジアムで準決勝2試合があり、富島が都城商を6―3で、宮崎日大が宮崎北を6―1で降し、それぞれ九州大会出場を決めた。決勝は6日午後0時半から同スタジアムで開始予定。鹿児島大会は準々決勝2試合があった。

 来春のセンバツ出場の参考となる九州大会は19日から佐賀県で開かれる。【塩月由香】

 <宮崎大会>

 ▽準決勝

富島

  020021100=6

  000100200=3

都城商

 (富)富井―坂本

 (都)岡原、岡元―麦生田

▽三塁打 高橋(富)

▽二塁打 黒木晃、富井、黒田、坂本(富)児玉、吉留(都)

宮崎日大

  211000002=6

  100000000=1

宮崎北

 (日)谷本、岩崎―大山

 (北)平塚―柴下

▽本塁打 縄田(日)

▽二塁打 伊藤、岩崎(日)坪田、上田(北)

 <鹿児島大会>

 ▽準々決勝

鹿児島城西 11―0 加治木工

 (七回コールド)

鹿屋中央   4―2 池田

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  3. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです