メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部員12人の八重山農林、沖縄尚学にサヨナラ負けも大接戦 沖縄県高校野球秋季大会決勝

沖縄尚学にサヨナラ負けし、ベンチ前に整列する八重山農林の部員12人=沖縄市のコザしんきんスタジアムで2019年10月5日、遠藤孝康撮影

 5日に沖縄市のコザしんきんスタジアムであった沖縄県高校野球秋季大会の決勝で、石垣島にある部員12人の八重山農林が甲子園常連校の沖縄尚学と大接戦を演じた。延長十回の末、7―8でサヨナラ負けしたが、島の野球少年たちの奮闘に、スタンドは大きく沸いた。

 八重山農林は沖縄尚学とともに、19日から佐賀市で開かれる九州大会に出場する。大会は来春のセンバツの出場校選考の重要な資料となる。部員たちは夢の甲子園初出場に向け、「自信を持って戦い、出場を勝ち取りたい」と意気込む。

 沖縄尚学はセンバツ2回優勝の実力校。八重山農林の新里和久監督(34)は「ひるまず、自分たちの野球を…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです