メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球県大会

東海大相模が優勝 桐光学園を降し2年ぶり 両監督の話 /神奈川

[PR]

集中打で得点できた 東海大相模・門馬敬治監督

 相手の先発は経験のある好投手。多くの好機は望めないと考えていたが、七回は集中打で得点することができた。関東大会は甲子園を意識してしまうが、今できることを積み重ねていきたい。

    悔しさ生かしたい 桐光学園・野呂雅之監督

     七回の失点以降、攻撃をうまく得点につなげられなかった。安達投手は連投の中、よく投げてくれた。本当の実力が無ければあと一つ勝てない。関東大会までの練習に悔しさを生かしたい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    3. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

    4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

    5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです