メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

県大会 4強 川島、逆転勝ち 小松島西、コールドで /徳島

【川島-生光学園】五回表川島2死一、三塁、庄司の中越え三塁打で細川に続いて三木(左)も生還し4点目=徳島県鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場で、岩本桜撮影

[PR]

 第72回県高校野球秋季大会(県高野連主催)は6日、オロナミンC球場(鳴門市)で準々決勝2試合があった。川島が生光学園に、小松島西が阿南高専にそれぞれ勝利し、4強が出そろった。12日の準決勝で、徳島北と城東、川島と小松島西がそれぞれ対戦する。上位3チームは鳴門市などで開かれる四国大会への出場権を得る。【岩本桜】

     ▽準々決勝

    川島

      000040220=8

      010011000=3

    生光学園

     (川)岩本、小川―中川

     (生)松本、長井、坂口―和田

    ▽三塁打 庄司、藤田(川)浜田楓(生)

    ▽二塁打 中川(川)三浦、大西(生)

     1点を追う川島は五回、細川の右前打で同点とし、1死一、三塁から小川の中前打や庄司の中越え三塁打などで3点を奪い勝ち越し。生光学園は二回に大西の二塁打で先制したが、その後は9残塁と打線がつながらなかった。

    阿南高専 00001000=1

    小松島西 11001212=8

     (八回コールド)

     (阿)森野、亀島―表原

     (小)木本―柳生

    ▽二塁打 藤井(小)

    【阿南高専-小松島西】五回裏小松島西1死一、二塁、木本が3点目となる左前適時打を放つ=徳島県鳴門市撫養町立岩のオロナミンC球場で、岩本桜撮影

     小松島西が小刻みに加点して勝利した。一回、2死満塁で柳生が押し出し四球を選び先制。その後も山崎悠や木本らの適時打で点差を広げた。阿南高専は五回、2死一、三塁から湯村の右前打で1点を返すにとどまった。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

    2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

    3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

    4. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

    5. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです