メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第145回九州地区高校野球 富島が7季ぶり優勝 サヨナラで宮崎日大降す /宮崎

黒木駿の適時打でサヨナラ勝ちし、生還した黒木晃(右から3人目)に駆け寄る富島ナイン

[PR]

 第145回九州地区高校野球宮崎大会は6日、宮崎市の県総合運動公園ひむかスタジアムで決勝があり、富島が宮崎日大を4―3で振り切って7季ぶり2回目の頂点に立った。【塩月由香】

     ▽決勝

    宮崎日大

      011010000=3

      002100001=4

    富島

     (日)成松、竹之下、古谷、岩崎―大山

     (富)坂本、富井―桑畑、坂本

    ▽本塁打 黒木駿、木村(富)

    ▽三塁打 高橋(富)

    ▽二塁打 松尾、岩崎(日)、黒田、黒木晃(富)

     富島は同点で迎えた九回、先頭打者の黒木晃太選手が右中間に二塁打を放ち、続く黒木駿輔選手も中前に適時打を放ってサヨナラ勝ちした。宮崎日大は序盤に2点を先制したものの、散発6安打に抑えられた。

     ▽3位決定戦

    都城商

      402000000=6

      200000010=3

    宮崎北

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

    2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

    3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

    4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです