メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季都高校野球大会 64チーム、熱戦へ 12日開幕 組み合わせ決まる /東京

抽選で引いた番号に校名の札をかけるチームの代表者=新宿区の海城高校で

[PR]

 来春のセンバツ出場校を選ぶ際、その結果が重要な参考となる秋季都高校野球大会(都高等学校野球連盟主催、毎日新聞社など後援)は7日、本大会の組み合わせ抽選会が新宿区の海城高であった。本大会には、9月の予選を勝ち上がった計64チームが出場し、12日から都内9球場で熱戦を繰り広げる。

     各チームの主将らを前に、堀内正会長が「のびのび明るいプレーで、すばらしい試合を期待している」とあいさつ。この後くじ引きがあり、初戦の相手が次々に決まった。今夏の甲子園8強で、秋の国民体育大会で優勝した関東一は日大鶴ケ丘と対戦する。

     予選には264校239チーム(うち14チームは複数校の連合チーム)が出場し、連合チームはいずれも敗退した。決勝は11月10日、神宮球場で行われる予定。優勝校は11月15日からの明治神宮野球大会に出場する。

     試合日程の変更や各試合の結果は都高野連のホームページ(https://www.tokyo−hbf.com/)で確認できる。【川村咲平】

    〔都内版〕

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

    2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

    3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    4. 安倍首相 在職歴代最長達成 お膝元・下関で祝福行事 横断幕や写真展、三原じゅん子議員の街頭演説会も

    5. SNSで知り合った少女と性行為 県条例違反で略式命令 男性教諭を懲戒免職 宮城

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです