メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州地区高校野球鹿児島大会 鹿児島実が優勝 /鹿児島

[PR]

 第145回九州地区高校野球鹿児島大会は8日、鹿児島市の平和リース球場で決勝があり、鹿児島実が鹿児島城西を2―0で降して8季ぶり31回目の優勝を果たした。両校は19日から佐賀県で始まる九州大会に出場する。

     鹿児島実は二回、先頭の坂本大心選手(2年)が左越え本塁打を放ち先制。六回にも連打で好機を作り、平尾大地選手(2年)の左前適時打で加点した。先発の加島優太投手(2年)は要所を締め、完封した。鹿児島城西は計8安打ながら9残塁に終わり、好機を生かせなかった。【林壮一郎】


     ▽決勝

    鹿児島実

      010001000=2

      000000000=0

    鹿児島城西

     (実)加島―城下

     (城)前野、八方―池山

    ▽本塁打 坂本(実)

    ▽二塁打 平、小堺(実)、大島(城)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

    2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

    3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

    4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

    5. ことば AYA世代

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです