メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球日本選手権

伏木海陸「一丸で戦う」 北信越大会・県代表3高と合同壮行会 /富山

全国大会1勝に向けて抱負を述べる伏木海陸運送の乙野賢人主将(左)=高岡市末広町のウイングウイング高岡で、青山郁子撮影

 大阪市の京セラドーム大阪で25日に開幕する第45回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)に8大会ぶりに出場する伏木海陸運送と、石川県で11日に開幕する第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)に県代表として出場する高岡向陵、高岡商、高岡第一の3校の合同壮行会が8日夜、高岡市末広町のウイングウイング高岡で開かれた。

 全4チームとも高岡市内の企業、高校だったことから同市が主催し、約300人の市民が祝った。高橋正樹市…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです