メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季北海道高校野球大会 十勝勢2校が4強 帯広農、白樺学園ともに完封 /北海道

【帯広農-北海道栄】二回裏北海道栄1死二塁、8番・印南の二直で二塁手の江森が二塁を踏み併殺=札幌円山球場で

[PR]

 第72回秋季道高校野球大会(道高野連、毎日新聞社主催)は10日、準々決勝4試合があり、4強が出そろった。札幌円山では昨秋の優勝校・札幌大谷が札幌日大に逆転負け。札幌麻生では札幌龍谷が札幌国際情報に競り勝った。帯広農と白樺学園はともに完封勝ちした。十勝勢が2校そろって4強入りするのは初めて。大会は11日が休養日で、12日は札幌円山球場で準決勝が行われる。【三沢邦彦】

    縁の下の力持ち

    札幌山の手の佐藤由菜さん(左)と荒川凛さん=札幌円山球場で
    東海大札幌の大和田桜子さん(左)と山内陽愛さん=札幌麻生球場で

     ○…会場では当番校の野球部員や女子マネジャーらが大会運営を支えている。札幌円山では、札幌山の手のマネジャー・佐藤由菜さん(2年)が「緊張するけど楽しんでアナウンスしたい」と後輩の荒川凛さん(1年)とともに大会に花を添える。札幌麻生では、東海大札幌の大和田桜子さんと山内陽愛さん(ともに3年)がアナウンスのほか公式記録の補助を手伝う。大和田さんは「マネジャーとしての最後の仕事を務めたい」と話した。

     <札幌円山>

     ▽準々決勝

    帯広農

      100202000=5

      000000000=0

    北海道栄

     (帯)千葉俊―渋谷

     (北)印南、福田―臼井

    ▽三塁打 佐伯(帯)

    ▽二塁打 井村(帯)

    札幌日大

      000240201=9

      300010000=4

    札幌大谷

     (日)小林、明田―奥沢

     (大)竹嶋、阿部、掛川―将田

    ▽三塁打 明田(日)

    ▽二塁打 明田(日)大野(大)

     <札幌麻生>

     ▽準々決勝

    東海大札幌

      000000000=0

      13000000×=4

    白樺学園

     (東)上村―小林

     (白)片山―業天

    ▽二塁打 西雪、上村(東)川波、宍倉、細谷(白)

    札幌国際情報

      020000000=2

      22000000×=4

    札幌龍谷

     (国)嘉藤、坂内、木村、原田―久保田

     (龍)本多―佐々木

    ▽二塁打 堤、甲斐、堀山(龍)


     ■フレッシュ

    札幌大谷・佐藤颯馬主将(2年)

    「来年は優勝旗を」 札幌大谷・佐藤颯馬主将(2年)

     5点を追いかける九回裏。2死一、三塁で打席に立った。「絶対につないで、ランナーをためる」。狙い球は絞らず、好球必打で強くバットを振ったが、白球は右翼手のグラブに吸い込まれた。

     今夏の南北海道大会は6番・三塁手として出場したが、チームは1回戦敗退。先輩たちが悔し泣きする背中を間近で見た分、新チームの主将として勝ちにこだわってきた。

     「自分たちの野球を見つけて、チームを作っていけ」。飯田柊哉前主将の言葉通り、練習中や学校生活で積極的に声をかけ合い、学年に関係なく物を言い合える雰囲気を作った。

     チームは一丸となり、今大会は接戦を勝ち上がったが、この日は「打ち込まれた時、周りをみて声をかけてやれなかった。キャプテンの責任です」。連覇の夢が絶たれ、試合後は涙を浮かべた。粘り強くつなぐ野球を身上に「来年は優勝旗を持って帰ります」と前を向いた。【高橋由衣】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    3. 「お試し100円」で定期購入契約 「財宝」に是正指示

    4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

    5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです