メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

習志野VS前橋育英 拓大紅陵VS花咲徳栄 各主将の話 /千葉

[PR]

Vとセンバツ目標 習志野・角田勇斗主将

 どこと当たっても強豪だが、ここで勝たなければ全国でも戦えないのでしっかりと準備する。プレッシャーを乗り越えた県大会を自信に変えて優勝と2年連続センバツ出場を目指したい。

    守備からリズムを 前橋育英・須永武志主将

     相手校は、個ではなくチーム全体で戦ってくる印象があり、応援の力もすごい。自分たちの雰囲気で戦えるかが鍵になる。守備からリズムをつくる育英らしい野球を貫いていく。

    得意の守備生かす 拓大紅陵・篠田渉太主将

     相手は甲子園常連で経験も豊富で圧倒的な強さがあるが、気持ちで負けずに挑戦していきたい。自分たちが得意の守備を生かしてチャンスをつくり、目の前の相手にまずは1勝したい。

    先見ず勝ちを意識 花咲徳栄・中井大我主将

     相手は県大会で強豪に勝っており調子が良いと感じるが、こちらも県大会ではチーム全体が精神面で成長し、一球への執念や勝とうという気迫がある。先は見ず、勝つことを意識したい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

    2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

    3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

    4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

    5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです