メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 開幕 東奥義塾、初戦突破 /青森

【東奥義塾-秋田商】二回表東奥義塾2死一塁、山谷が中越え二塁打を放ち3点目を挙げる=盛岡市の岩手県営野球場で、古川修司撮影

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)は11日、盛岡市の岩手県営野球場など2球場で開幕し、1、2回戦計4試合が行われた。県勢は東奥義塾が6―3で秋田商(秋田)を破り、2回戦に駒を進めた。

 12、13日に予定されていた試合は台風19号の影響で2日ずつ繰り下がる。14日は2回戦6試合が予定されており、県勢は東奥義塾が学法福島(福島)と、弘前東が盛岡大付(岩手)と、青森山田が仙台商(宮城)とそれぞれ対戦する。【平家勇大、滝沢一誠】

逆転し突き放す

 <岩手県営野球場>

 ▽1回戦

東奥義塾

  030030000=6

  100000200=3

秋田商

 (東)山内、坪田、斉藤―原田

 (秋)石川、保坂、高橋―須藤

▽二塁打 原田、山谷、北川、古川、佐藤宏(東)佐藤(秋)

 東奥義塾は1点を追う二回、山谷が適時二塁打を放つなど3点を挙げ逆転。五回には佐藤宏の適時二塁打などで3点を追加し突き放した。秋田商は七回に3点差にまで詰め寄ったが、好機に一本がでなかった。


 ■熱球録

投手の強みを引き出す 東奥義塾・原田拓茂捕手(2年)

東奥義塾・原田拓茂捕手(2年)

 正捕手として初めてマスクをかぶったのは今年春だった。夏の大会までは3年生エースがリードしてくれたが、その後、新体制となり投手陣が全員1年生に一新。「今度は自分が投手を引っ張る」と心を決めた。

 2点リードで迎えた二回裏。相手チームに1死満塁とされるとタイムを取って投手のもとに駆け寄った。「1点取られても大丈夫」。投手を落ち着かせると、後続の打者をサードゴロに仕留め、ダブルプレーに。ピンチをしのいだ。

 エース不在の状況では継投策が勝負のカギとなる。コントロールやテンポの良さ、思い切り……。5人の投手の一人一人の強みをどう引き出すかに腐心する。相手打者については過去のデータは徹底的に集める。その上で、試合の中でその日の調子を観察し、全ての情報を加味して投手をリードする。

 「投手が投球だけに集中できるようにしたい」。次戦に向け、気持ちを引き締めた。【平家勇大】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  4. トランプ氏の弾劾裁判、「2月第2週」開始 上院の民主と共和が合意

  5. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです