メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 一関学院、打撃戦制す 県内2球場で熱戦開幕 /岩手

【日大山形-一関学院】一回裏一関学院1死三塁、菅原の内野ゴロで生還する坂本(左)=岩手県花巻市松園町の花巻球場で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)は11日、盛岡市の県営野球場など2球場で開幕し、1、2回戦計4試合が行われた。県勢では第3代表の一関学院が日大山形(山形)を終盤に突き放し、準々決勝進出を決めた。

     12、13日に予定されていた試合は台風19号の影響で2日ずつ繰り下がる。14日は2回戦6試合が予定されており、県勢は第1代表の盛岡大付が弘前東(青森)と、第2代表の花巻東が仙台城南(宮城)とそれぞれ対戦する。【小鍜冶孝志】

    日大山形及ばず

     <花巻球場>

     ▽2回戦

    日大山形

      001004000=5

      31001013×=9

    一関学院

     (日)斎藤堅、加藤、槙―町田

     (一)佐藤弘、小綿―佐々木春

    ▽本塁打 宇津木(日)佐々木大(一)

    ▽三塁打 坂本(一)

    ▽二塁打 荒木(日)佐々木大、奥谷(一)

     一関学院が両チーム計27安打の打撃戦を制した。一回に佐々木大の2ランなどで3点を先取。同点とされたが、七回に小綿の適時打で勝ち越した。日大山形は六回に荒木の適時打など5安打で4点差を追いついたが、投手陣が踏ん張れなかった。

     ○…その他の試合…○

     <岩手県営野球場>

     ▽1回戦

    東奥義塾

      030030000=6

      100000200=3

    秋田商

     ▽2回戦

    仙台育英

      00112000221=9

      00000230120=8

    明桜

     (延長十一回)

     <花巻球場>

     ▽1回戦

    磐城

      000022002=6

      000000000=0

    東海大山形

    日本一熱い大会に

    開会式で選手宣誓をする盛岡大付の小林武都主将=盛岡市の県営野球場で

     ○…開会式で選手宣誓を務めたのは盛岡大付の小林武都(たける)主将(2年)。「令和初のセンバツに向け、自然豊かな岩手の地で、最後まで諦めずプレーすることを誓います」と力強く宣誓した。開会式後、小林主将は「この大会を日本一熱い大会にしたい」と話した。


     ■球詩

    笑顔の公式戦初本塁打 一関学院(2年)佐々木大輔外野手

    一関学院・佐々木大輔外野手(2年)

     一回裏1死二塁、真ん中低めのスライダーを流し打った。打球は伸びて、レフトスタンドに吸い込まれていった。「入ったとは思わなかった。公式戦初本塁打です」。ダイヤモンドを一周走り終える頃には驚きの表情から笑顔に変わっていた。

     「元々すごい打撃センスを持っている」と高橋滋監督は太鼓判を押す。この秋は「チャンスで一本を打てるたくましさも備わってきた」と話す。

     以前は考えすぎてしまう性格だった。ここで絶対に打たなければならない。そう思うほど、振りが小さくなっていった。9月の練習試合で監督から「堂々とやれ」と激励され、気持ちを切り替えた。「考えすぎず、フライになってもいいから思い切り自分のスイングをしよう」と開き直り、調子が上がった。

     目標は、球を捉える精度が高く、どんな球にも食らいつき、広角に打てる打者になること。つなぐ意識で頂点を目指す。【山田豊】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

    2. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

    3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

    4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

    5. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです