メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 明桜、延長の末惜敗 秋田商は13安打も及ばず /秋田

【東奥義塾-秋田商】秋田商九回裏2死一、二塁、石井聖の右前打で登藤が生還を試みるもタッチアウト=盛岡市の岩手県営野球場で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)は11日、盛岡市の岩手県営野球場など2球場で開幕し、1、2回戦計4試合が行われた。県勢では第3代表の秋田商が3―6で東奥義塾(青森)に敗れ、第2代表の明桜も延長十一回の熱戦の末、8―9で仙台育英(宮城)に競り負けた。

 12、13日に予定されていた試合は台風19号の影響で2日ずつ繰り下がり、14日は2回戦6試合が予定されている。県勢は第1代表の能代松陽が磐城(福島)と対戦する予定だ。【下河辺果歩】

好機に1本出ず

 <岩手県営野球場>

 ▽1回戦

東奥義塾

  030030000=6

  100000200=3

秋田商

 (東)山内、坪田、斉藤―原田

 (秋)石川、保坂、高橋―須藤

▽二塁打 原田、山谷、北川、古川、佐藤宏(東)佐藤(秋)

 東奥義塾が秋田商の反撃を振り切った。東奥義塾は1点を追う二回、山谷の適時二塁打などで3点を入れ逆転。五回にも佐藤宏の適時二塁打などで3得点と突き放した。投げては山内、坪田、斉藤の継投が功を奏した。秋田商は七回、石井の2点適時打で3点差に詰め寄り、相手を上回る13安打を放ったが、好機に1本が出なかった。

粘り一歩届かず

 ▽2回戦

仙台育英

  00112000221=9

  00000230120=8

明桜

 (延長十一回)

 (仙)向坂、菅原、伊藤、笹倉、杉山―木村、小野寺

 (明)佐々木湧、長尾、橘高―五十嵐、小野

▽二塁打 松本2、田中、宮本、入江(仙)

【仙台育英-明桜】九回裏明桜2死三塁、暴投の間に平尾が生還し同点に追いつく=盛岡市の岩手県営野球場で

 約4時間に及ぶ熱戦を仙台育英が制した。仙台育英は九回に2点を加え逆転。その裏に同点とされたが延長十一回、2死一塁から松本の中越え適時二塁打で決勝点を挙げ、明桜を振り切った。明桜は2点を追う七回には平尾の2点適時打と田中の左犠飛で一時勝ち越すなど、終盤から粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。


 ■白球譜

不振脱し更なる向上誓う 秋田商・石井聖蓮外野手(2年)

秋田商・石井聖蓮外野手(2年)

 一回裏、1死満塁。「バットの振りがコンパクトになりすぎないように」。監督からのアドバイスを思い出して打席に立つと、直球を左前に運び、先制点を挙げた。

 県大会では、準々決勝以降安打が一本も出ない苦しい状況が続いた。不振から脱しようと、チームメートや監督に積極的にアドバイスを求め、家に帰ってからも元球児の父と一緒に打撃練習に取り組んだ。

 ようやく調子が戻ってきたと感じたのは1回戦前日の練習だった。結局、この日は5打数3安打3打点。チームで誰よりも多く安打を打ち、チームの全得点の打点を挙げた。「県大会ではフライが多かったが、今日は低めに強く打つことができた」

 だが、3―6で敗戦。失点後にベンチの雰囲気が暗くなりがちだったりとチームの改善点も試合の中で見つけた。試合後、太田直監督からは「自分なりにコツをつかんで、よくつないでくれた」と健闘をたたえられたが、「みんなの気持ちをそろえて、より団結力を深めたい」。来夏に向けチームのさらなるレベルアップを誓った。【下河辺果歩】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです