メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 日大山形、打撃戦及ばず 東海大山形も敗れる /山形

【磐城-東海大山形】一回裏東海大山形1死二塁、打席に立つ桑山=岩手県花巻球場で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)は11日、盛岡市の岩手県営野球場など2球場で開幕し、1、2回戦計4試合を行った。県勢は第2代表の日大山形が2回戦で一関学院(岩手第3)に5―9、第3代表の東海大山形は1回戦で磐城(福島第3)に0―6で敗れた。

     12、13日に予定されていた試合は台風19号の影響で2日ずつ繰り下がる。県勢は第1代表の鶴岡東が14日、2回戦で福島成蹊(福島第2)と対戦する。【小鍜冶孝志】

    あと一本が出ず

     <花巻球場>

     ▽1回戦

    磐城(福島)

      000022002=6

      000000000=0

    東海大山形

     (磐)沖―岩間

     (東)畑中―丸子

    ▽二塁打 樋口(磐)田端、桑山(東)

     磐城が中盤から突き放した。五回に市毛、岩間の適時打で2点を先取し、六回にも2点を加点。先発・沖は要所を締めて完封した。東海大山形は五回まで毎回安打を放ちながらあと一本が出ず、先発・畑中は完投も7四死球と制球に苦しんだ。

    投手陣崩れる

     <花巻球場>

     ▽2回戦

    日大山形

      001004000=5

      31001013×=9

    一関学院(岩手)

     (日)斎藤堅、加藤、槙―町田

     (一)佐藤弘、小綿―佐々木春

    ▽本塁打 宇津木(日)佐々木大(一)

    ▽三塁打 坂本(一)

    ▽二塁打 荒木(日)佐々木大、奥谷(一)

     一関学院が両チーム計27安打の打撃戦を制した。一回に佐々木大の2ランなどで3点を先取。同点とされたが、七回に小綿の適時打で勝ち越した。日大山形は六回に荒木の適時打など5安打で4点差を追いついたが、投手陣が踏ん張れなかった。

    8安打も1点遠く

     ○…東海大山形は8安打を放ちながら1点が遠かった。3番・桑山(2年)は一、三回に走者を置いた先制の好機に凡退。九回は無死から左中間二塁打で出たが還れず、「粘り負けをした。安打を打ちたいという焦りが出てしまった」。県大会は登板機会もあったが先発の畑中を援護できず「今後は中軸打者として、よりプレーで引っ張っていけるようにしたい」と語った。


     ■球詩

    同点へ口火の一打 日大山形(1年) 浅利瑠良(るい)外野手

    【日大山形-一関学院】二回表日大山形無死、右前打を放つ浅利=岩手県花巻球場で

     4点を追う六回、先頭でこの日3安打目となる中前打で出塁すると、そこから一挙4得点。打力を買われて5番に座る1年生が、同点に追いつく口火を切った。再び差を広げられた九回は「後悔しないようにフルスイングでいこう」と打席に立ったが、結果は投ゴロで最後の打者に。「相手の打撃の方が上だった」と振り返った。

     青森県弘前市出身で、中学3年の夏、日大山形の練習を見学した際に荒木準也監督の下で野球がしたいと思い、入学を決めた。

     新チームからベンチ入りし、県大会は5試合すべてで5番を任された。だが、苦手な守備でミスを連発し、途中交代を命じられたことも。東北大会では3安打と持ち味は発揮し、「今後は走塁でミスをなくし、打撃では本塁打を打てるようにしたい」と、さらなるレベルアップを誓った。【日高七海】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

    2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

    3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

    4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

    5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです