メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季東北地区高校野球大会 磐城が2回戦進出 沖投手、要所締め完封 /福島

【磐城ー東海大山形】五回表磐城1死一、三塁、市毛の内野安打で沖が生還=岩手県花巻市の花巻球場で

[PR]

 第72回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞盛岡支局など後援)は11日、盛岡市の岩手県営野球場など2球場で開幕し、1、2回戦計4試合が行われた。県勢では第3代表・磐城の沖政宗投手(2年)が東海大山形(山形)打線を完封し、2回戦進出を決めた。

     12、13日に予定されていた試合は台風19号の影響で2日ずつ繰り下がる。14日は2回戦6試合が予定されており、県勢は第1代表の学法福島が東奥義塾(青森)と、第2代表の福島成蹊が鶴岡東(山形)とそれぞれ対戦する。【小鍜冶孝志】

    中盤で突き放す

     <花巻球場>

     ▽1回戦

    磐城

      000022002=6

      000000000=0

    東海大山形

     (磐)沖―岩間

     (東)畑中―丸子

    ▽二塁打 樋口(磐)田端、桑山(東)

     磐城が中盤から突き放した。五回表1死一、三塁から市毛の内野安打で先制し、岩間の右前打で追加点。続く六回には四死球で出塁した走者を小技や足を絡めた攻撃で得点圏に送り、連打で2点を加えた。先発・沖は要所を締めて完封した。東海大山形は九回裏、無死満塁の好機を演出したが、一本が出ず、得点を奪えなかった。

    日本一熱い大会に

    開会式で選手宣誓をする盛岡大付の小林武都主将=盛岡市の岩手県営野球場で

     ○…開会式で選手宣誓を務めたのは盛岡大付(岩手)の小林武都(たける)主将(2年)。「令和初のセンバツに向け、自然豊かな岩手の地で、最後まで諦めずプレーすることを誓います」と力強く宣誓した。開会式後、小林主将は「この大会を日本一熱い大会にしたい」と話した。


     ■白球譜

    先制点を大事に、徹底 磐城・岩間涼星主将(2年)

    磐城・岩間涼星主将(2年)

     打線の中軸を担う主将が県大会からの好調をキープ。5打数3安打の活躍でチームを勢いづけた。

     先発投手がそれぞれ粘りを見せ、四回までスコアボードに0が並ぶ展開。捕手として「俺たちが絶対に得点を取ってやるから」とエースの沖政宗投手を励まし続けた。

     その言葉通り五回表、外角直球を右前に運び2点目をたたき出した。「頭の中で打つイメージができ、周りを見る余裕があった」

     新チームになってから、先制点を大事にすることを徹底してきた。県大会でも4試合中2試合で先制。「先制点を取る意識を持つことで、守備も攻撃もごまかさず丁寧に練習するようになった」と変化を実感する。

     27年ぶりに東北大会初戦を突破した磐城。「どんな相手が来ても自分たちの野球をするだけ。チャレンジャーの気持ちで一戦必勝を貫き、センバツ出場を目指したい」と先を見据えた。【磯貝映奈】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

    2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

    3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

    4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

    5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです