メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季高校野球

秋季北信越地区高校野球大会 きょう開幕 16校が堂々行進 台風接近、開催は当日判断 /新潟

力強く宣誓する星稜の内山壮真主将=金沢市の石川県立野球場で

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)の開会式が11日、金沢市の石川県立野球場であった。北信越地区の5県の代表16校の選手たちが熱戦に向けて堂々と行進した。

     開会式では星稜(石川1位)の内山壮真主将(2年)が「野球というすばらしいスポーツを通じ、多くの人に夢や希望を与えられるよう最後まで戦い抜くことを誓います」と選手宣誓した。

     同日は開会式のみ行われ、試合は12、13、19、20日の各日、県立野球場、金沢市民野球場=いずれも金沢市=と、弁慶スタジアム(石川県小松市)である。12日は台風19号の影響が懸念されていて、県高野連は「当日に試合開催の有無を判断する」としている。

     大会の成績は来春のセンバツ出場校(北信越地区からは2校)を選定する重要な参考資料となる。【井手千夏】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    2. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

    3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    4. 夢は人工臓器開発 ベルギーの9歳、オランダ名門大卒業へ

    5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです