メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の高校野球

秋季北信越地区高校野球大会 県勢3校きょう熱戦 金沢で開会式 星稜の主将が宣誓 /福井

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)の開会式が11日、金沢市の石川県立野球場であった。北信越地区の5県の代表16校の選手たちが熱戦に向けて堂々と行進した。

 開会式では星稜(石川1位)の内山壮真主将(2年)が「野球というすばらしいスポーツを通じ、多くの人に夢や希望を与えられるよう最後まで戦い抜くことを誓います」と選手宣誓した。

 同日は開会式のみ行われ、試合は12、13、19、20日の各日、県立野球場、金沢市民野球場=いずれも金沢市=と、弁慶スタジアム=石川県小松市=である。12日は台風19号の影響が懸念されていて、県高野連は「当日に試合開催の有無を判断する」としている。

 大会の成績は来春のセンバツ出場校(北信越地区からは2校)を選定する重要な参考資料となる。【井手千夏】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アフガン撤収7年 豪軍39人殺害、徹底捜査 政府、独立機関を設置

  2. 新型コロナ PCR検査拒否に罰則 都民フ、条例案提出へ

  3. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです