山梨学院は1点を追う四回、相手の失策で同点に追いつくと、五回2死二塁から小吹が適時三塁打を放ち、勝ち越し。先発・吉川は1人で投げ抜き、被安打8、1失点の好投。花咲徳栄は三回、南の適時打で先制したが、四回と九回の満塁の好機を生かせなかった。

 

「練習結実」丁寧に完投 山梨学院(2年)吉川大投手

山梨学院・吉川大投手(2年)

 1点リードで迎えた最終回。2死満塁のピンチを迎えたが、最後の打者をスライダーで中飛に仕留めた。2年連続の4強入りに「うれしいというよりホッとした」と胸をなで下ろした。

 新チームが始動した今秋から、課題であるスタミナ強化と制球力の向上に取り組んできた。それでも県大会や関東大会の1回戦では甘く入った球を痛打された。この日はいつも以上に丁寧に低めを突く投球を心掛けたという。

 その結果、9回を1人で投げ抜き、8安打を浴びたものの、強豪・花咲徳栄を1点に抑えた。「練習が実を結んだ」と実感している。

 「次もテンポよく投げたい。優勝し明治神宮大会に出場したい」と語った。【高田奈実】

「この負けを忘れない」 花咲徳栄(2年) 中井大我主将

花咲徳栄・中井大我主将(2年)

 「高森が最少失点で抑えてくれた」。力投のエースに感謝しつつ、自らの失策に絡んで失点したことを「大事なところで出てしまった」と苦い表情で語った。

 夏の甲子園で敗れた翌日、岩井隆監督から「主将を任せる」と告げられた。夏休みが終わって新学期が始まると、うまくまとめきれないと感じるようになった。前主将の吉倉英俊さん(3年)に相談すると「調子が良い時も悪い時も、みんながお前を見ている。下を向いてはいけない」と励まされた。

 秋の県大会準決勝。強豪・浦和学院との接戦を制し、意識が変わった。「みんなが打ってくれて勝っていると気付いた。周りをよく見られるようになった」と言う。

 関東大会は2試合で4安打を放ったが、結果には満足できない。「センバツに行くために、何とか勝ちたかった。この負けを絶対忘れてはいけない。主将としても、まだこれから」。その目は次を見据えていた。【平本絢子】