メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会

北越サヨナラ勝ち 新潟産大付は及ばず /新潟

【北陸-北越】九回裏北越1死二塁、本間圭の適時打で二走の本間大(中央)が生還しサヨナラ=金沢市の金沢市民野球場で

[PR]

 センバツの重要な参考資料となる第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は13日、金沢市の石川県立野球場など3球場で1回戦8試合があった。

 県勢の北越(新潟1位)は九回、本間圭の適時打で北陸(福井3位)にサヨナラ勝ち。準々決勝へ駒を進めた。新潟産大付(新潟2位)は打線がつながらず、佐久長聖(長野2位)に0―6で敗れ、姿を消した。加茂暁星(新潟3位)は敦賀気比(福井1位)との試合が続いた。

 準々決勝は14日、同球場など2球場であり、北越は金沢市民野球場で午後0時半から上田西(長野1位)と対戦する。【露木陽介】

 <弁慶スタジアム>

 ▽1回戦

新潟産大付

  000000000=0

  20200002×=6

佐久長聖

 (新)西村―畠山

 (佐)梅野―横田

▽二塁打 畠山(新)

好機に一打出ず

 佐久長聖は一回1死二、三塁、堀の走者一掃適時打で2点先取。その後も三回に野沢の2点適時打、八回の2打席連続適時打で加点し、先発・梅野が相手打線を抑え込んで完封勝ち。新潟産大付は得点機に一打が出ず涙をのんだ。

 <金沢市民野球場>

 ▽同

北陸

 000000002=2

 010000011=3

北越

 (陸)印牧―杼木

 (越)阿部―高橋

▽三塁打 高橋(越)

▽二塁打 松山、本間大(越)

本間圭、決勝打放つ

 北越がサヨナラ勝ち。同点の九回、先頭の本間大が左翼線二塁打で出塁し、1死二塁から本間圭が右前適時打を放って試合を決めた。北陸は最終回に2点差を追いつくも、好投していた先発の印牧が最後に力尽きた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです