メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会

1回戦 高岡商、粘り及ばず 高岡第一、高岡向陵も敗退 /富山

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は13日、金沢市の石川県立野球場など3球場で始まり、1回戦8試合があった。星稜(石川1位)、日本航空石川(石川2位)、金沢商(石川3位)、上田西(長野1位)、佐久長聖(長野2位)、北越(新潟1位)、敦賀気比(福井1位)、敦賀(福井2位)が準々決勝に駒を進めた。

     14日は県立野球場と金沢市民野球場で準々決勝を行う。【井手千夏、高良駿輔、露木陽介】

     ▽1回戦

     【石川県立野球場】

    高岡第一

      000010002=3

      00003110×=5

    星稜

     (高)佐伯、田中―吉田

     (星)荻原―内山

    ▽三塁打 佐伯(高)花牟禮、出村(星)

    ▽二塁打 長井、田中(高)荻原(星)

     星稜は五回無死三塁から内野ゴロで同点とし、出村の適時三塁打で2点を勝ち越し。六、七回にも1点を追加して試合を優位に進めた。高岡第一は九回に2点差に迫ってなお、1死二塁としたが後続が倒れた。

    金沢商

      00401008=13

      00000010=1

    高岡向陵

     (八回コールド)

     (金)米沢、甲斐―室木

     (高)宝里、荒井、小西―植野

    ▽本塁打 屋敷(金)

    ▽三塁打 平野、室木、佐藤憲(金)平瀬(高)

    ▽二塁打 細川、石本、佐藤憲(金)

    【金沢商-高岡向陵】六回表金沢商2死二塁、敵失の間に走者細川が本塁を狙うが、高岡向陵・小西の好返球でタッチアウト=金沢市の石川県立野球場で、高良駿輔撮影

    [PR]

     金沢商は三回、石本が適時二塁打を放ち先制。白藤の適時打などで3点を追加した。八回には打者一巡の猛攻で8点を挙げて突き放した。高岡向陵は七回に1点を返したが、4安打と打線がつながらなかった。

     【金沢市民野球場】

    日本航空石川

      024102110=11

      012102120=9

    高岡商

     (日)田中、百瀬―中谷

     (高)源、川渕、田中―藤井

    ▽本塁打 石井(日)

    ▽三塁打 中谷(日)山本(高)

    ▽二塁打 毛利2、城田、石井、竹下2、井口(日)藤井、山本、本田(高)

     日本航空石川が両チーム計30安打の打撃戦を制した。二回、城田の右犠飛で先制。三回には中谷の三塁打などで計4点を追加するなど小刻みに得点を重ねた。高岡商は突き放されるたびに反撃したが、最後に力尽きた。


    夏へ「課題と向き合う」 高岡向陵・宝里弘人投手(1年)

    高岡向陵・宝里弘人投手=金沢市の石川県立野球場で、高良駿輔撮影

     チームにとっても初の秋の北信越大会。緊張は感じていないつもりだった。ただ、それは無自覚なだけだった。

     三回に金沢商打線につかまった。連続二塁打など5安打に2四球を与え、打者一巡の猛攻を受け4失点。「力んでしまい、球が走らなかった。自分のピッチングができなかった」。県大会で通用した、左腕から繰り出す直球、カーブ、スライダーが次々とバットに捉えられる。マウンド上でぼうぜんとする姿も。結局、被安打11、7四球、10失点で八回途中で降板した。

     1年生ながらエースで4番。チームの大黒柱として県大会を制し、優勝を狙って乗り込んできた今大会だったが、悔しい初戦敗退。

     ただ、自らの課題は見えた。安定感に欠ける現状を打ち破るため、「冬は課題に向き合いたい」と誓った。徹底した走り込みなどで下半身を強化し、体をつくるという。その先にある目標は一つ。「夏の甲子園に出場することです」【高良駿輔】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

    2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    4. GSOMIA継続 方針転換に輸出管理巡る日韓対話合意

    5. GSOMIA失効回避も 日韓経済の回復遠く

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです