メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会

敦賀気比、コールド勝ち 敦賀も1回戦突破 /福井

【加茂暁星ー敦賀気比】二回裏敦賀気比1死満塁、大島が中犠飛を放ち1点を追加=井手千夏撮影

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は13日、金沢市の石川県立野球場など3球場で始まり、1回戦8試合があった。星稜(石川1位)、日本航空石川(石川2位)、金沢商(石川3位)、上田西(長野1位)、佐久長聖(長野2位)、北越(新潟1位)、敦賀気比(福井1位)、敦賀(福井2位)が準々決勝に駒を進めた。

     14日は県立野球場と金沢市民野球場で準々決勝を行う。【井手千夏、高良駿輔、露木陽介】

     ▽1回戦

     【石川県立野球場】

    加茂暁星 00000=0

    敦賀気比 15022=10

     (五回コールド)

     (加)藤井、砂川―伊藤

     (敦)笠島―御簗

    ▽二塁打 前川(敦)

     敦賀気比が投打で圧倒した。初回に御簗の適時打で1点を先取。二回には四死球や敵失に乗じ、1安打ながら5点を追加した。先発笠島は被安打1に抑えた。加茂暁星は8与四死球、2失策と流れを引き寄せられなかった。

     【金沢市民野球場】

    北陸

      000000002=2

      010000011=3

    北越

     (陸)印牧―杼木

     (越)阿部―高橋

    ▽三塁打 高橋(越)

    ▽二塁打 松山、本間大(越)

     北越がサヨナラ勝ち。同点の九回、先頭の本間大が左翼線二塁打で出塁し、1死二塁から本間圭が右前適時打を放って試合を決めた。北陸は最終回に2点差を追いつくも、好投していた先発の印牧が最後に力尽きた。

     【弁慶スタジアム】

    長野日大

      001000000=1

      01021000×=4

    敦賀

     (長)落合、栗木―清水

     (敦)広川、久米―細川

    ▽二塁打 細川(敦)

     敦賀は二回無死満塁から埜村の右前打で先制し、四、五回にも加点した。投手陣も11安打を浴びながら要所を締めた。長野日大は三回1死二塁、丸山の中前打で同点とするが、その後は散発6安打に抑えられた。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

    2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

    4. GSOMIAは継続 韓国が日本に伝達 政府関係者明らかに

    5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです