メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋季北信越地区高校野球大会

上田西、佐久長聖8強 長野日大は初戦で敗退 /長野

[PR]

 第141回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は13日、金沢市の石川県立野球場など3球場で1回戦8試合があった。星稜(石川1位)、金沢商(石川3位)、上田西(長野1位)、佐久長聖(長野2位)、北越(新潟1位)、敦賀(福井2位)などが準々決勝に駒を進めた。

 12日は台風19号のため、全試合順延となっていた。14日は県立野球場と金沢市民野球場で準々決勝を行う。【井手千夏、高良駿輔、露木陽介】

五回6点で逆転

 <金沢市民野球場>

 ▽1回戦

津幡

  000340000=7

  12006000×=9

上田西

 (津)森林、鍋島、森林―堂端

 (上)山口、久保敷、三石、山田、阿部―小林

▽三塁打 杉浦(上)

▽二塁打 堂端2(津)高寺、阿部(上)

 上田西が中盤の集中打で逆転勝ちした。五回に4連打で2点差に迫ってなお1死一、二塁とし、代打・杉浦が適時三塁打を放ち同点、梅香の適時打で勝ち越した。津幡は一時4点リードしたが、投手陣が踏ん張れなかった。

一時は同点も

 <弁慶スタジアム>

 ▽1回戦

長野日大

  001000000=1

  01021000×=4

敦賀

 (長)落合、栗木―清水

 (敦)広川、久米―細川

▽二塁打 細川(敦)

 敦賀は二回無死満塁から埜村の右前打で先制し、四、五回にも加点した。投手陣も11安打を浴びながら要所を締めた。長野日大は三回1死二塁、丸山の中前打で同点としたが、その後は散発6安打に抑えられた。

小刻みに加点

 <弁慶スタジアム>

 ▽1回戦

新潟産大付

  000000000=0

  20200002×=6

佐久長聖

 (新)西村―畠山

 (佐)梅野―横田

▽二塁打 畠山(新)

 佐久長聖は一回1死二、三塁、堀の適時打で2点先取。三回には野沢が2点適時打、八回にも連続適時打と小刻みに加点した。先発・梅野は相手打線を4安打に抑え完封勝ち。新潟産大付は得点機に一本が出なかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです